スターホテル郡山 公式ブログ

郡山インターから約10分!会津~猪苗代湖の観光の拠点に最適なホテル

English Page


スターホテル郡山のブログ


「2019年01月」の記事一覧

お菓子の天神さまについて

みなさんこんにちは。

今回は福島県でお土産として人気の太郎庵のお菓子を紹介します。

天神さまとは、昭和54年に第一号店の開店に合わせてできた創業菓子です。

当時、最中などの甘いお菓子が主流でしたが、あまり甘すぎない、食べやすいお菓子はないかと、ほんのり甘いブッセ生地に、雪印さんの有塩バターとプロセスチーズという、シンプルでありながらも斬新なクリームをサンドした「会津の天神さま」を創製したそうです。

こだわりは、ふわふわのブッセ生地らしいです。

きめの細かい生地にするために製法を工夫し、材料も厳選していて、ブッセとフレッシュバターを使ったクリームのバランスもこだわっているそうです。

会津の北東部にある猪苗代には、天神様をおまつりする小平潟天満宮があり、会津藩祖・保科正之公が篤く信仰したと言われています。

会津では、男の子が生まれると、賢く、健やかにそだちますようにと東北最古の張子である「会津の天神様」を贈る習わしがあります。

会津天神は今から400年前の蒲生時代に始まる、東北ではもっとも古い張り子です。

今は張り子を作る職人もどんどん少なくなり、風習も薄れてきてしまってはいますが、お菓子で文化を残していきたいという思いから出来上がったそうです。

皆さんも福島県にお越しの際にはお土産として買ってみてはいかがでしょうか。

宿泊部 佐藤

馬刺しについて

みなさんこんにちは。

今回は福島県の会津地方で有名な馬刺しについて紹介します。

馬刺しには、大別して「トロ」や「霜降り」、「赤身」があり、また一頭あたりから採れる量が少ないので珍重される「タテガミ刺し」や「こうね(タテガミの脂)」のほか、匂いがほとんどない「レバ刺し」や「タン刺し」などもあるらしいです。

「トロ」と呼ばれる部分は、バラ肉の極上部位であり、赤身に霜がふっている部分を「霜降り」と呼んでおり、馬の肩からアバラにかけて広がる3層肉は「ふたえご」と呼ばれ、コリコリとした食感がある感じです。

流通は、冷蔵のほか、食中毒防止などの観点から冷凍でも行われている感じです。

馬刺しは、おろしショウガやおろしニンニク、刻みネギなどを薬味に醤油につけて食べるのが一般的な食べ方です。

福島県会津地方では薬味ににんにく辛子味噌を使って食べるのが普及していておいしいです。

また、馬刺しや炙った馬刺しをのせた寿司としても親しまれ、回転寿司などでも見かけるようになったそうです。

牛と異なり馬肉の油脂の融点は低く、口内の温度でも十分溶けるため、霜降り肉でも刺身で美味しく食べられるそうです。

みなさんも福島県に来た際には食べてみてはいかがでしょうか。

宿泊部 佐藤

観光ガイド・お散歩マップ新たにご用意いたしました☆

皆さま、こんにちは。

ロビーに閲覧用の観光ガイドブック「まっぷる」をご用意いたしましたのでお知らせいたします♪

ドライブやご当地グルメの食べ歩き等にお役立て頂けたらなと思います。

また、当ホテル近くを散策されたい方には・・・
『こおりやまお散歩ガイドマップ』もございます!

ロビーに掲示していたマップでございますが、配布用にこちらも新たにご準備いたしました。

観光ガイドブック、お散歩マップ、ともにフロントカウンター右側のスペースにご用意しております。

フロントロビーには他にも周辺地図やパンフレット、観光案内をご用意しておりますので、ご来館の際にはぜひご覧くださいませ。

宿泊部 小松

大内宿・雪まつりが2月に開催されます♪

皆さま、こんにちは。
年明けの忙しい時期ではございますが、お変わりなくお過ごしでしょうか。

今回は「大内宿」について、紹介してまいります♪

大内宿とは福島県南会津郡下郷町大字大内にある、江戸時代における会津西街道の「半農半宿」の宿場の呼称になります。

会津若松と日光・今市を結ぶ会津西街道は重要な幹線道路で、大内宿はその宿場町として整備されました。中枢には、本陣や問屋本陣が設置され、大変重要な役割を果たしていたそうです。

明治期の鉄道開通に伴って宿場としての地位を失いましたが、茅葺屋根の民家が街道沿いに建ち並ぶ同集落の通称、あるいは観光地名として現在も受け継がれています。

1981年(昭和56年)に重要伝統的建造物群保存地区に選定され、福島県を代表する観光地の1つとなっています。

先月12月中旬に行ってきた時の写真を載せていきます。

茅葺き屋根につららが!
雪と青空のコントラストがきれいですよね!

大内宿名物といえばネギ蕎麦!ネギをお箸代わりにしつつ、薬味としてぱくっと、頂きます。
残念ながら(?)写真は山菜そばですが・・・おいしく頂きました♪

大内宿には人懐っこい看板猫も!すり寄ってきてくれて、めろめろになりました・・・。

大内宿には町並み展示館もあります。かつての問屋本陣跡を再建したもので、館内には江戸時代の部屋があり、写真や生活用具1300点あまりが展示されています。写真はその中の囲炉裏を写したものです。

大内宿の西側の山裾にある高倉神社、その本殿の裏側には推定樹齢800年、樹高56mをこえる「高倉の大スギ」があります。
スギの写真自体は「ほぉ~」と見上げることに夢中で撮り忘れてしまいました・・・。
圧巻なので、少し歩くのですがお時間のある方はぜひ直接ご覧いただきたいなと思います。

私の撮るつたない写真でも、少しは古き良き日本の風景!その景観の良さが伝わったのではないでしょうか・・・!

大内宿ですが来月2月9日(土)から2日間、雪まつりが開催されます。
街道沿いには住民たちの手作りの雪燈籠がいくつも置かれ、打ち上げ花火、時代風俗仮装大会、和太鼓の演奏、そば食い競争などなど、行われます!

大内宿雪まつり

皆さま、この機会に一度遊びに行かれてみませんか?

場所:福島県南会津群下郷町大字大内字山本
※通常当ホテルよりお車で約1時間半で着く場所でございますが、積雪と祭りによる渋滞の影響でお時間のかかる場合がございます。ご注意ください。

宿泊部 小松
 

書初めコーナー

皆さまこんにちは。
当館ロビーにて毎年恒例の書初めコーナー実施しております。
今年も個性豊かな作品がいっぱいです。

カレンダー

2019年1月
« 12月   2月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

サイト内検索